泊まりで沖縄旅行に行くとこんなメリットがあります!

主なメリットについて

梅雨の時期(5月初旬から6月中旬)や台風シーズン(7月・8月頃)に日帰りを旅行をする場合、曇りの日・雨の日においては光り輝く青い海を見られません。しかし泊まりかげ(特に2泊以上)でこの県を旅するとなると、いずれかの時間帯において曇りや雨の日とはまったく違う、エメラルドブルーの海を見られる可能性が高めです。またハイシーズンといえる夏場の日中とは有名観光地がかなり混雑するほか、行き来する際にバスに着席できない可能性などもあります。日帰りだと混んでいる観光地に日中向かう必要がありますが、泊りがけで旅行をするのであれば人が少なくなる夕方に有名観光地に向かうという形をとれます。そうすれば、行き来する際のバスに着席できる可能性が高いほか、タクシーもすぐにつかまります。

その他のメリットについて

日帰りでこの県まで旅行に来るという事は、基本的に夕方までには帰路につく事になります。そうなったら夜間をこの県で過ごす事のメリットを享受できません。都市開発が進む県庁所在地とその付近を除き、空気が澄んでいて下からの灯りも少ないため晴れていたら都会とは比べ物にならないほど綺麗な星空を眺められます。有名な星雲や銀河も肉眼または双眼鏡を使えばよく見えますし流れ星も頻繁に見られるのは、泊りがけで来る事のメリットと一つと言えるでしょう。

続いて、日中に行動をするとなると日差しが強いため女性や肌の弱い人は厳重な日焼け対策が必要となります。しかし、泊りがけの旅行であれば、日中は休んで日焼けを気にせずに済む夕方から夜の時間帯に行動するという形をとる事も可能です。

久米島は島全体が県立自然公園に指定されている、自然豊かな島です。久米島のツアーでは、その魅力を余すことなくめぐることができます。